JA山口宇部

clear
もしもの時は?
ATM一覧

地域営農塾とは?
「売れるモノつくり」を目標として、定年後農業に取り組む人や、農業者が余暇等を利用して新たな知識・技術の習得をする為に開講しています。 現在、野菜栽培コース、花卉栽培コースの2部門の講座があります。

目的

野菜・花卉栽培の一貫したカリキュラムによる講習と実践演習を行うことで、スキルアップをはかります。また、受講者が共販生産組合員及び新鮮館出荷会員となり、地域農業に貢献出来ることを目的としています。

研修期間

各コースともに1年間(但し、継続的受講可能です。)

講師陣

(1) 部会指導者・普及OB・JA職員等

塾のカリキュラム

野菜栽培コース
4月 果菜類栽培基礎
5月 夏採りキャベツ、コスレタス栽培基礎
6月 売れる荷姿、品種の選定
7月 農政の動き:秋冬野菜の基礎
8月 葉菜・根菜の播種:農機具の使用
9月 葉菜・今回の管理:朝市対応情報
10月 肥料・農薬・土作りの基礎
11月 先進現地視察
1月 春夏野菜の基礎
2月 春植野菜の栽培
3月 春夏野菜の定着:地域農政とJA
花卉栽培コース
4月 土と肥料について
5月 栽培品目の選定と品種別の特性について
6月 菊の周年栽培について、病害虫対策
7月 農政の動き:秋冬花卉の基礎
8月 草花の播種・定植:農機具の使用
9月 草花の管理:朝市対応情報
10月 肥料・農薬・土づくりの基礎
11月 先進現地視察
1月 春夏花卉の基礎
2月 春植花卉の栽培
3月 春夏草花の定着:地域農政とJA

特徴

うね作り、肥料の施し方、栽培の方法等をJA職員や専門家の指導のもとに学習を重ね、栽培した農産物を出荷することで手ごたえを感じながら更なる技術の習得に日々励んでおり、“もうける農業”の実現を目指しています。 また、JAの支援策としては、受講生の就農定着のための相談活動や作物部会員登録を行っています。 詳しくは本店営農経済部(0836-31-7168)へご連絡下さい。

このページのTOPへ